4.99ポンド以上のご注文で英国内送料無料!

検索

商品化に至るまで

フィクスイッツは、創業者クリス・レフテリとフォレスト・ラドフォードの直す事への情熱から生まれました。

素材デザインスタジオと修理への情熱から生まれました。 

2000年、創業者のクリス・レフテリが最初の本を書いているときに、後にFixIts となるものを持ち帰ったときがまさにそうでした。 

クリスとアリソン夫妻は、すぐにこの素材を使って家中のものを修理するようになった(特に2人の幼い子供のために)。これは、瞬間接着剤やブルータックと同じように、家庭内のどこにでもあるものだということがはっきりしました。 

フィクスイッツのアイデアは、その後10年半に渡って研究され、彼のの元教え子たるフォレスト・ラドフォードが中心となって、商業化に踏み切ったのです。

セントラル・セント・マーチンズでプロダクトデザインを学んだ後、素材への情熱を持ち、テープや接着剤では補修できない部分を補修できる製品というビジョンを共有し、FixIts が生まれました。

製品には最初から最後まで責任を持つ

最初から責任あるモノづくりを選択する

FixIts を立ち上げた当初から、単にゴミ箱に入るのを防ぐ製品を作るだけでなく、その目標を達成する過程で不要なゴミを出さないようにすることが常に重要でした。

そのため、単に修理するための製品を作るだけでなく、環境に配慮し、この世界に与える負の影響を最小限に抑えるような方法で修理することが求められるようになりました。 

すべてを英国で現地生産すると決めるのは簡単なことではありません。製品全体の各パーツを調達することは、はるかに複雑になりますし、私たちがやりたいことの中には、イギリス国内から直接調達することが不可能なものもあります。

Pile of broken things - photo by john cameron from unsplash

企業が排出する使い捨ての廃棄物は膨大な量になる可能性があります。

FixIts を始めるまで、私たちはこのようなことをしたことがありませんでした。私たちは、世界規模で製造しているグローバルな有名企業と仕事をしたことはありましたが、製造サイドに触れることはありませんでした。

FixIts を立ち上げたとき、私たちが目にした恐ろしいものは、製品が包装され、棚に並ぶ前に、ビジネスが生み出すことができる廃棄物の量でした。また、大量の注文を発送する際に発生する廃棄物の量も明らかになりました。

このような廃棄物問題を抱えたままビジネスを拡大するのではなく、一歩下がってメーカーと話し合い、自分たちのやり方を見直し、より持続可能な材料を調達して包装するようにしました。 

私たちは、製造元から私たちまでの間、すべての使い捨てのプラスチックを取り除き、FSCまたはPEFCの紙製品に置き換えました。現在、私たちは原材料から製造業者までの間の影響をいかに軽減できるかに取り組んでいます。

検索